HOME>ホットトピックス>衝突事故などに強みがある士業者の携わり方

自転車でも相談

自動車の交通事故では大阪でも弁護士が介入します。しかし最近では、自動車でなく自転車事故が増えていますが、この場合にはどこに注意すべきか、事故を起こさなければ詳細な内容については理解できないでしょう。だからこそ、士業者がリアルな体験談を伝えてくれます。自転車は道路交通法で軽車両とされており、様々な罰則が定められており、自覚ができない加害者に自覚させたり、被害者の救済に励んでくれたりします。罰則ありかなしか、特にポイントになるのは飲酒運転です。自転車も例外はなく、だから法律に詳しい専門家が人気取りしています。

様々な士業者を紹介

大阪の弁護士が人気取りしているのは、他の士業への紹介も担ってくれるからでしょう。例えば、司法書士や行政書士、税理士などをはじめ、保険アドバイザーなどから心理カウンセラーとも精通、提携しています。ですから、交通事故などのトラブルでいえば、人身事故や物損事故などによって相談する士業者を改めて紹介してくれます。

マレなケースに応える

例え話しでなくなった場合には、大阪の弁護士が交通事故の請求に応えるため、サポート力で評価されています。例えば、自動車と自動車が衝突することはありますが、その弾みで加害者が複数になるのなら、どの自賠責保険会社に請求すればいざこざにならないのか、こうした複雑な回答も得られます。

保険もアドバイス

交通事故に強みを持つ大阪の弁護士は、運転免許証を所持するドライバーから人気を得ているだけでなく、自転車を運転する子どもや免許証を取得していない保育ママさんたちからも人気を集めています。弁護を担うだけでなく、保険についても詳しく、賠償保険がセットされている家族傷害保険やファミリー交通傷害保険への加入についてもアドバイスしてくれます。

広告募集中