HOME>注目記事>合格するためにはどうやって学ぶかがとても大切

誰でも申し込める試験

勉強道具

国家資格の中には特定の専門学校を卒業することを強要されて、それを行わなければ国家試験の受験さえ叶わないものもあります。そのようなものは意外と多いため、自分には国家資格は縁遠いものだと感じているかもしれません。しかし、公認会計士試験ならば、専門学校を卒業しているといった条件もなく、誰でも受験できるようになっています。そのため、受けたいと考えたのなら、公認会計士試験の公式サイトを探して出願方法をチェックしてみましょう。もちろん、誰でも合格できるような試験ではないため、きちんとした勉強をすることが絶対条件といえます。通信講座やスクールなど、いろいろな勉強方法が用意されているので、それらを活用して公認会計士試験を突破するための知識を学びましょう。

一人で学習したいなら通信講座

不規則な生活をしていたり夜遅い仕事をしていたりすると、スクールに通って公認会計士試験の勉強をするのは難しくなります。しかし、諦める必要はなく、一人で勉強することに特化した、通信講座を利用すればよいだけです。有名な会社が公認会計士試験に合格できるように、いろいろな知識を詰め込んだ通信講座を用意してくれているので、そちらを使って合格を目指しましょう。ただ、完全に一人というわけではなく、添削が用意されているので自分の弱点を知ることもできます。

質問したいならスクール

比較的時間に余裕があって、金銭的にも問題がないのなら、スクールに通って講師に公認会計士になるための勉強を教えてもらいましょう。リアルタイムで質問できるという環境は、効率的な勉強に繋がるので、できる限り早く公認会計士になりたい方にもおすすめができます。ただし、スクールによって公認会計士試験の合格率がそれぞれ異なるので、時間とお金をムダにしないためにも、数値を確認してから契約をしましょう。

広告募集中